巨人・菅野 1827日ぶりプロ2度目のリリーフ登板!!

[ 2018年10月9日 20:53 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年10月9日    甲子園 )

<神・巨>9回、リリーフで登板の菅野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野智之投手(28)が今季最終戦となった9日の阪神戦(甲子園)で9回に4番手として登板。新人だった2013年10月8日のヤクルト戦(東京D)で中継ぎ登板して以来1827日ぶり、プロ2度目となるリリーフとしてマウンドに上がった。

 大瀬良(広島)と並んでリーグトップタイの15勝をマークしている菅野は、3試合連続完封した4日の広島戦(マツダ)から中4日。勝てば自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が決まる1戦でベンチに待機。試合はシーソーゲームの白熱した展開となった。

 そして9―4で迎えた9回。メルセデス、畠、山口俊に次ぐ4番手としてマウンドに上がった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月9日のニュース