DeNA平良、CSへ覚悟の登板「人生で一番緊張感のある試合」

[ 2018年10月9日 05:30 ]

キャッチボールで調整するDeNA・平良
Photo By スポニチ

 9日のヤクルト戦に先発するDeNA・平良は、横須賀市内で行われた投手練習で最終調整。「自分が負けたらチームのCSへの道がなくなってしまう。人生で一番緊張感のある試合じゃないかと思います」と負ければ3位を逃す一戦へ強い覚悟をにじませた。

 ヤクルト戦は今季4試合で2勝2敗。今季本塁打を浴びている山田哲、バレンティンについて「しっかり低めに強い球を投げきれるように」と語った。シーズン最終戦となる10日の阪神戦はウィーランドが先発に備える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース