中日、岩瀬&荒木ラストゲームの前売り券即日完売 わずか1時間足らずで

[ 2018年10月9日 06:11 ]

中日の岩瀬
Photo By スポニチ

 ナゴヤドームがクライマックスシリーズ(CS)をしのぐ熱気に包まれる。今季限りでの現役引退を表明した中日・岩瀬仁紀投手(43)と荒木雅博内野手(41)のセレモニーが行われる13日阪神戦の前売り券が、即日完売したことが分かった。

 当日チケットの一般販売分はこの日午前10時から発売開始となったが、担当者によると1時間足らずで売り切れ、当日券も「出ないことが予想される」こととなった。球団のみならず、球史を彩ったレジェンド二人の節目の舞台。試合後にはあいさつも予定されるだけに、購入者が殺到し、オークションサイトでもプラチナ化している。

 松坂の加入で主催試合での現時点での観客動員は昨年より約10万人増の211万0276人だが、同担当者は「今季に関して言えば、発売直後でこれだけ売れたのは初めて。即日完売もなかった」という異常事態となっている。

 13日はCSファーストステージ初戦が予定され“裏開催”に当たる。だが、名古屋の熱気は冷めない。荒木は「岩瀬さんのおかげでしょう」と笑いながらも、「(ファンに)謝りたい」と責任感の強さをにじませ、引退スピーチに謝罪の内容を織り込む構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース