ドジャースあと一本でず惜敗 マエケンは3戦連続登板なし

[ 2018年10月9日 05:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦   ドジャース5―6ブレーブス ( 2018年10月7日    アトランタ )

 ドジャースは5回に2発が飛び出すなど5点差を一度は追いついたが、1点ビハインドの9回無死一、二塁では3者連続三振の拙攻で惜敗。3連勝を逃したデーブ・ロバーツ監督は「みんなよく頑張ったが、あと一本が出なかった」と、淡々と振り返った。

 救援待機の前田は9回に同点に追いついた場合に備えブルペンで準備したが、3戦連続で登板なく終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース