レッドソックスが圧勝 ホルトは史上初のサイクル安打 ヤンキースは屈辱的な敗戦

[ 2018年10月9日 13:37 ]

ア・リーグ地区シリーズ   レッドソックス16―1ヤンキース ( 2018年10月9日    ニューヨーク )

サイクル安打を達成したレッドソックスのホルト(AP)
Photo By AP

 今季メジャー最多の108勝(54敗)を挙げたア・リーグ東地区のレッドソックスは敵地ニューヨークで同2位のヤンキースに16―1で大勝して2勝1敗。5年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 3―0で迎えた4回には一挙7点。投げては2015年から2シーズン、ヤンキースに在籍して計23勝をマークしたネイサン・イオバルディ(28)が先発して7回を投げ、5安打1失点と好投した。

 二塁手のブロック・ホルト(30)は7番打者としてこのシリーズで初めて出場し、4回に中前打と右翼への三塁打、さらに8回に中越えに二塁打をマーク。9回にはヤンキースの6番手としてマウンドに上がった捕手のオースティン・ロマイン(29)から右越えに本塁打を放ち、ポストシーズンではメジャー初のサイクル安打を達成した。

 ヤンキースは今季19勝を挙げている先発のルイス・セベリーノ(24)が3イニングを投げてで7安打6失点と乱調。15点差の敗戦はポストシーズン通算396試合の中でのワースト記録となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース