勝てばCS決定の巨人、阿部の二塁打で3回に逆転!

[ 2018年10月9日 19:06 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年10月9日    甲子園 )

<神・巨>3回2死満塁、右線に適時二塁打を放つ阿部(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 勝てば自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が決まる巨人が3回に逆転した。

 先発投手のメルセデスが初回に先制を許して0―1で迎えた3回、巨人は1死から坂本勇、田中俊の連打と四球で満塁。4番の岡本が見逃し三振に倒れ2死満塁としてから、5番に入っていた阿部が阪神先発メッセンジャーの投じた2ボール2ストライクからの5球目、内角高めの直球を叩いて右翼線突破の二塁打を放ち、2点を返して逆転に成功した。

 阿部は「食らいついていきました。(2ストライク後)いろんな球種を頭に置きながら、インサイドのボールにうまく反応できました」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース