ロッテ岡田60打席ぶり安打 59打席連続無安打はプロワースト記録

[ 2018年10月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―6ソフトバンク ( 2018年10月8日    ZOZOマリン )

9回2死、岡田がこの日3本目の安打となる右前打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 岡田(ロ)が第3打席で左翼線安打を放ち16年10月5日楽天戦から続いていた連続打席無安打を59で止めた。連続59打席無安打は野手としては76〜77年に桜井輝秀(南海)が記録した58打席を抜きプロ野球ワーストとなった。なお、投手を含めた連続打席無安打のワースト記録は嵯峨健四郎(東映)が54〜55年にマークした90打席。

 岡田は第3打席から3打席連続安打。1試合3安打以上は16年10月4日楽天戦以来2年ぶりで通算41度目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月9日のニュース