明大・森下、ノーノー惜しい!あと3人で快挙逃す「どうしてあそこで…」

[ 2018年10月9日 05:30 ]

東京六大学野球   明大2―1東大 ( 2018年10月8日    神宮 )

1安打完投勝の力投を見せた明大・森下暢 (撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 3回戦1試合が行われた。明大は森下暢仁投手(3年=大分商)が東大戦で8回まで無安打投球。9回に代打・梅山遼太外野手(2年=四日市)に右前打を許して快挙を逃したが、1安打1失点完投で東大を下し、今季初の勝ち点を手にした。

 ノーヒットノーランまであと3人と迫りながら、快挙を寸前で逃した。明大・森下暢は「腕が振れていた。5回から意識して無安打を狙いました」と150キロの直球を軸に快投。8回まで無安打投球だったが9回、先頭の代打・梅山にカーブを左前に運ばれると、1死二、三塁からの三ゴロで完封も消えた。「どうしてあそこでカーブを投げてしまったのか。打たれた後も自分だけで野球をしてしまった」と反省しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース