駒大、東洋大にサヨナラで先勝 緒方がドラフト候補・甲斐野からサヨナラ打

[ 2018年10月9日 13:35 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第6週1回戦   駒大2―1東洋大 ( 2018年10月9日    神宮 )

 駒大が東洋大をサヨナラで下し、先勝した。1―1の9回、2死から2番・緒方理貴外野手(2年=京都外大西)が、東洋大の2番手で今秋ドラフト候補の甲斐野央投手(4年=東洋大姫路)から左中間へサヨナラの二塁打を放った。

 「決めようと思っていなかった。ストレートだけ狙っていて、無心で打った。この1勝はすごく大きい」と喜んでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月9日のニュース