ロッキーズ、強力打線が沈黙 9年ぶりの地区シリーズわずか2得点

[ 2018年10月9日 05:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦   ロッキーズ0―6ブルワーズ ( 2018年10月7日    デンバー )

 ロッキーズは9年ぶりの地区シリーズで1勝もできず、本拠地で終戦を迎えた。バド・ブラック監督は「彼ら(ブルワーズ)はこのシリーズの勝者に値する」と相手を称えた。

 看板の強力打線が3試合で計2得点と大誤算。それでも、リーグ最優秀監督に選出歴のある指揮官は「選手たちは毎日、やるべきプレーをした。彼らを誇りに思う」と潔かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース