ブレーブス、アクーニャがPS最年少満弾 マントル上回る20歳293日

[ 2018年10月9日 05:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦   ブレーブス6―5ドジャース ( 2018年10月7日    アトランタ )

ブレーブスのアクーニャ(AP)
Photo By スポニチ

 ブレーブスの新鋭アクーニャがポストシーズン最年少となる満塁弾を放った。2回2死満塁で新人右腕ビューラーの97・8マイル(約157キロ)直球を豪快に左中間に叩き込んだ。20歳293日での満塁弾は53年のワールドシリーズで記録したミッキー・マントル(ヤンキース)の21歳349日を上回った。

 マントルは1950〜60年代に通算536本塁打で米野球殿堂入り。ベネズエラ出身で今秋の日米野球にも出場するナ・リーグ新人王最有力候補は「知らないよ。だって生まれてないもん」と話し、会見場を笑いで包んだ。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月9日のニュース