巨人・小林 自らの悪送球で同点許すも…直後にスクイズで1点もぎ取る

[ 2018年10月9日 20:23 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年10月9日    甲子園 )

<神・巨> 7回1死一、三塁、小林はスクイズを決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人の小林が自らのミスをバットで取り返した。

 巨人は4―4で迎えた7回、先頭・岡本の32号ソロで勝ち越し。さらに続いた1死一、三塁の場面で小林がスクイズを決めて2点リードを奪った。

 小林は6回の守りで、三塁へ悪送球して同点に追いつかれていたが、小技をきかせてチームに貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース