巨人、12年連続勝ち越し&自力CS消滅 山口俊3回完璧救援も

[ 2018年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―0阪神 ( 2018年9月24日    甲子園 )

延長10回から3回をパーフェクトで締め、ナインとハイタッチする山口俊(左から3人目) (撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 0―0で迎えた12回2死。巨人・山口俊はこの日の35球目にカーブを選んだ。阪神・福留を三飛に仕留め、今季5度目の引き分けに持ち込んだ。「カーブは意外と本塁打にならない」。冷静に3回を打者9人で片付けた。

 初セーブを挙げた前日に続く連投で、10回からマウンドへ。11回を投げ終え、斎藤投手総合コーチから「もう1回いける?」と聞かれ「もちろんいきます」と即答した。25日から3日間試合がないこともあるが、高橋監督は「タフだしね。先発をやっていたから、何とか俊に」と意図を説明した。

 その投手陣の奮投を生かせなかった。7回無死二塁で、阿部のライナー性の打球が一塁手の正面へ。ショートバウンドした当たりを直接捕球したと勘違いしたナバーロが、二塁へ送球しようとした際にボールをこぼし、無死一、三塁。だが、長野が捕邪飛、ゲレーロ、大城は連続三振に倒れた。初回に立岡、10回に小林の送りバント失敗もあった。

 借金6で残り6試合となり、12年連続の勝ち越しはなくなった。現在3位にいるが、自力CS進出の可能性はまた消滅した。次戦は28日に4位・DeNAと直接対決。絶対に負けられない一戦へ、山口俊は「(次は)チームが勝った状態で終われるように頑張ります」と決意を込めた。 (岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月25日のニュース