平野が今季74試合目の登板 日本投手最多記録を更新「毎日必死で投げた結果です」

[ 2018年9月25日 14:22 ]

ア・リーグ   ドジャース7―4ダイヤモンドバックス ( 2018年9月24日    フェニックス )

ダイヤモンドバックスの平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)が24日(日本時間25日)地元フェニックスで行われたドジャース戦で今季74試合目の登板を果たした。

 3―4で迎えた9回表に中4日で6番手としてマウンドに立ったもので、これで大塚晶文(04年、パドレス)と上原浩治(13年、レッドソックス)が持つ日本人投手のシーズン最多登板記録(73試合)を更新。ただし2つの四球を与えた上に3安打を浴びて2/3回で3点を失うなど、新記録達成の試合では精彩を欠いた。

 試合は4―7で敗れ、ダイヤモンドバックスは4連敗を喫して79勝78敗。ナ・リーグ西地区で首位に立っているドジャースは3連勝で88勝69敗となり、ここ7戦では6勝目を挙げた。

 ▼平野の話 あと1試合というのは分かっていた。毎試合、余裕があったわけでもないし、いつ、こうやって点を取られるか分からないレベル。毎日必死で投げた結果です。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース