ソフトB森、史上7人目の6戦6連続S「6連投の感じはない」

[ 2018年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1日本ハム ( 2018年9月24日    ヤフオクD )

5番手で登板した森(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・森がチーム6試合で6試合連続セーブのプロ野球記録に並んだ。史上7人目でパ・リーグでは13年の西武・涌井(現ロッテ)以来4人目。

 9回に登板し、2死から清宮に甘く入ったカットボールを本塁打とされたが、最後は田中賢を二ゴロに抑えた。今季33セーブ目の守護神は「中1日あるので、僕の中では3試合、3試合。6連投の感じはない」と頼もしかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース