清宮、意地6号で王さんリーチ 零敗阻止も笑顔なし

[ 2018年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2ソフトバンク ( 2018年9月24日    ヤフオクD )

9回2死、右越え本塁打を放った清宮(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が意地の一発を放った。

 零敗寸前の9回2死から右翼席中段に6号ソロ。これがヤフオクドームで初安打も「(他の打席で)チャンスをつぶしている。勝ちにつながる打撃をしたい」と笑顔はなかった。これで早実の大先輩でもあるソフトバンクの王貞治球団会長が高卒新人だった59年の7本塁打にリーチ。観戦していた同会長は「うまく打った。当たれば飛ぶね」と目を丸くしていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース