ハム、ソフトBに7連敗 栗山監督「しっかり受け止め生かしたい」

[ 2018年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2ソフトバンク ( 2018年9月24日    ヤフオクD )

5回1死二塁、松田宣に本塁打を打たれる上沢(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線が低調で2位のソフトバンクとの直接対決2連戦で連敗。今季は同カード7連敗で終了し、11試合を残し優勝の可能性が消えた。

 2位とも6ゲーム差となったが、栗山監督は「こうなった責任、要因をしっかり受け止め、生かしたい」と前を向いた。今月6日の北海道胆振東部地震の発生以降は日程が大幅に変わるなど難しい調整を強いられ、12試合で4勝8敗と失速した。指揮官は「日本一だけを見据えてしっかりやる」と語り、主将の中田も「全力でやるだけ」と反攻を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース