盛岡大付10度目V 延長13回に松原決勝打「ここは通過点」

[ 2018年9月25日 05:30 ]

秋季高校野球岩手大会決勝   盛岡大付3―2花巻東 ( 2018年9月24日 )

 盛岡大付が決勝で花巻東を3―2で下し、今夏決勝の雪辱を果たして2年ぶり10度目の頂点に立った。

 1点を追う9回に同点とし、延長13回1死二塁で途中出場の松原が「どんどん後ろにつなごう」と決勝中前打を放った。殊勲の松原は「明治神宮大会を目指してきたのでここは通過点。東北大会で堂々と実力を出していきたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月25日のニュース