PR:

大船渡・佐々木、救援も逆転許す 東北切符逃しセンバツ黄信号

秋季高校野球岩手大会3位決定戦   大船渡10―11専大北上 ( 2018年9月24日    花巻 )

8回無死二塁から救援した大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 秋季高校野球岩手県大会の3位決定戦で、大船渡が10―11で専大北上に敗れ、東北大会出場を逃した。21世紀枠の道は残されるものの、最速157キロを誇る佐々木朗希投手(2年)の来春センバツ出場は厳しくなった。10―9と詰め寄られた8回無死二塁から救援。前日の盛岡大付戦で166球を投げた疲労で先発を回避したが「仲間が頑張っていた。最後は自分が昨日の分も抑えたい」と志願。しかし、1死後に左前適時打を浴び、ここから3連打と押し出し四球で逆転を許した。

 来秋のドラフト1位候補右腕は最後の打者に151キロを計測して三振を奪う意地を見せたが、「自分のせいで負けて本当に悔しい…」と声を震わせた。甲子園を一番の目標に掲げ、「夏は自分が連れていけるように頑張りたい」と前を向いた。

[ 2018年9月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム