楽天3年目・堀内、プロ入り初の先発マスクでうれしい初安打初打点!

[ 2018年9月25日 20:02 ]

4回2死二塁、適時三塁打を放つ堀内(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天3年目の堀内謙伍捕手(21)が25日、西武戦に「9番・捕手」でプロ初の先発出場。4回に西武・榎田からプロ入り初ヒットを打ち、初打点もマークした。

 2回の1打席目は2死二塁のチャンスでニゴロ。4回の2打席目も同じ2死二塁の場面で迎えると、カウント2―2からの7球目を弾き返し、センターの頭上を抜ける適時三塁打で、貴重な追加点を上げた。

 堀内は2015年、静岡高からドラフト4位で楽天に入団。高3時には日本代表入りし、U―18ベースボールワールドカップで打率・438、5打点をマークしベストナインに選出。強打の捕手として高く評価。昨季はフレッシュオールスターにも出場、5月に初の1軍登録を果たし1試合に出場。今月22日に2度目の一軍登録で3試合目で初先発、初安打&初打点を飾った。。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース