慶大11安打猛校で首位タイ浮上 明大・森下暢を攻略

[ 2018年9月25日 05:30 ]

東京六大学野球   慶大7―3明大 ( 2018年9月24日    神宮 )

5回無死二、三塁、3点本塁打を放つ慶大・嶋田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 慶大は11安打の猛攻で明大に快勝。勝ち点2として法大と並び首位タイに浮上した。

 中盤の集中打で快勝した。1―1で迎えた5回に柳町から嶋田の左越え3ランまで4連打で一挙4点。この回から登板した明大のエース森下暢を攻め立て引きずり降ろした。トドメの一撃を放った6番・嶋田は「森下さんは六大学で一番良い投手。打つべき球をしっかりイメージしてなんとか甘い球を打てた」。大久保秀昭監督も「点が欲しいところで打ってくれた」と称えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月25日のニュース