DeNAソト、今季7度目マルチ本塁打 球団外国人最多更新

[ 2018年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―5広島 ( 2018年9月24日    マツダ )

3回無死一、二塁、逆転の3点本塁打を放ち、宮崎(中央)らとハイタッチをかわすソト。左は大和(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ソト(D)が2本塁打。マルチ本塁打は今季7度目で、丸(広)、筒香(D)の6度を抜く両リーグ最多に浮上した。

 また、チームでシーズン7度は16年筒香の9度以来2人目で、85年レオン、99年ローズ、03年ウッズの各6度を抜く外国人最多回数となった。来日1年目で本塁打王に輝くと昨季のゲレーロ(中)以来14人目でチームでは03年ウッズ以来2人目となるがどうか。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年9月25日のニュース