【隠しマイク】西武・山田、フォロワー急増「それでかあ」

[ 2018年9月25日 09:00 ]

19日にプロ初本塁打を放った西武・山田
Photo By スポニチ

 ◎DeNA・ラミレス監督は、試合前の囲み取材で右隣の席に誰も座っていないことに気づくと、正面に立っていた記者に「横の席が空いているから、どうぞ。かみついたりしないから大丈夫だよ」

 ◎担当記者が44歳の誕生日を迎えたことを知った西武・秋山が「シシ(獅子)じゃん!」。馬場内野守備走塁コーチも「シシやん!」。みんなライオンズが好きなんです。

 ◎19日にプロ初安打初本塁打を放ち、その様子がNHKのニュースでもがっつり流れたという西武・山田。「それでかあ。何かあったなと思ったんですよ。インスタ(グラム)のフォロワーが一気に増えました」。500人増だったそうです。

 ◎仙台は秋とは思えない強い日差し。西武・橋上作戦コーチは「暑いんだか涼しいんだか、よく分からんな。風は涼しいんだけど…」。今は〜、もう秋〜?

 ◎出身高校は福岡県の九州国際大付ながら中学までは自然豊かな山口県の周防大島で育った日本ハム・清水は「信号は全部で3つ。家から最寄りのコンビニまで5キロでした」。以上、「島あるある」でした。

 ◎ヤクルトのバレンティンと話していた河田外野守備走塁コーチは「ココ(バレンティン)に“自分のことをよく見てるよね”と言われたんだけど、“インセンティブがついているんだ。1時間1000円だよ”って言ってやったよ」。しっかり練習しているか目を光らせているようです。

 ◎前日の試合中、打球が顔面に当たった中日・高橋は「ブサイクになった?」。腫れも赤みもありませんでした。

 ◎巨人・大西外野守備走塁コーチは試合前、曇り空を見て「朝は晴れていたのに」。無事開催できて良かったですね。

 ◎練習でコーンにぶつかりながら捕飛をつかんだロッテ・江村は「コーンがかわいそう」と心配する的場戦略兼バッテリーコーチに「僕の心配してください…」。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース