ヤク、ドラ2大下が力投「あれこれ考えず」ライアン腰の張りで代役

[ 2018年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―1中日 ( 2018年9月24日    ナゴヤD )

力投する大下(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が23日の練習中に腰の張りを訴えたため、代役としてプロ2度目の先発を務めたドラフト2位の大下は4回2/3を1失点の力投。勝ち星こそつかずも「あれこれ考えず次の人にバトンをつなげたらと思っていた」。小川監督も「よく投げてくれた」とねぎらった。

 試合前、キャッチボールなどで状態を確認した小川は、軽症を強調。順調なら10月1日の巨人戦(神宮)で先発する見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月25日のニュース