楽天、今季本拠ワースト43敗 球団創設1年目を下回る

[ 2018年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―4西武 ( 2018年9月24日    楽天生命パーク )

4回無死、栗山(左)に3者連続となるソロ本塁打を打たれた藤平(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は7回に銀次の左前打で追いついたが、延長10回で力尽き、本拠・楽天生命パークでの61試合目で43敗目。63試合で42敗だった05年の球団創設1年目を下回る球団ワーストを更新した。

 先発の藤平は前回17日のロッテ戦で4勝目をプロ初完投で飾ったが、この日は4回に3打者連続のソロ本塁打を浴び「あってはいけないこと」と反省。平石監督代行は「(1本目の)浅村の打球は風もあった。本人は打ち取ったと思ったのだろう。気持ちを引きずってしまった」と20歳右腕を責めなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月25日のニュース