DeNA総力継投で逃げ切り ラミ監督「今の考え方はCSに近い」

[ 2018年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―5広島 ( 2018年9月24日    マツダ )

3回途中から登板し、4勝目を挙げたDeNAのエスコバー
Photo By 共同

 DeNAは総力継投で広島の反撃をかわした。先発・浜口が2点リードの3回に1点差とされ、さらに1死一、二塁に。ラミレス監督はここで浜口を諦め、2番手・エスコバーを投入し、併殺でピンチを切り抜けた。6回以降も5人の継投でリードを守った。

 「今の考え方は、CSに近い。もう我慢をすることはしない」と指揮官。25日は2軍で中継ぎだった国吉を緊急昇格させて先発で起用する。早い回での継投も想定しており、今永やエスコバーが待機。救援陣を総動員しながら、残り試合を戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月25日のニュース