【21号放った大谷と一問一答】「打った瞬間入るなと思った」話題の歌は「みんなが知っている曲で…」

[ 2018年9月25日 18:50 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―4レンジャーズ ( 2018年9月24日    アナハイム )

<エンゼルス・レンジャーズ>1回2死、右中間ソロを放つ大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が24日(日本時間25日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席で特大の21号ソロを放ち、8試合ぶりに本塁打を記録。5打数1安打1打点で5連敗中だったチームの連敗ストップに貢献した。エ軍は11回に代打・ブリセニョに劇的な一発が飛び出し、サヨナラ勝ちした。

【大谷と一問一答】

――21号。

「初球からしっかりいけたのでまぁ良かったんじゃないかなと。結果的にも本塁打になってくれて良かったなと思います」

――手応えは?

「打った瞬間入るなと思ったので良かったなと思います」

――本塁打は自己最高速度だった。パワーの実感。

「芯で捉えているので。確実に捉えた時というのは、飛距離も出ると思うんですけど。多少、差し込まれたりとか泳いだりとか、そういうところで飛距離がもっと出てくれれば、なお良いんじゃないかなと思います」

――1打席目、体に近いところの球。ラインドライブになってしまうこともある。きょうのスイングの形

「良いルートは通せると思っているので。あの球に対して、しっかり最善のルートを通せたんじゃないかなと思います」

――良いルートというのは?

「ヒットになる、ならないもそうですけど。いろいろなルートの通し方で、その打球によって変化が出てくるので。同じ球に対して何個かある内の中から、しっかり反応でそのルートを通せるか大事なんで。きょうに関しては良かった」

――前日のバスの中の出来事が注目された。

「まぁ普通に。流れでというか…みんなが知っている曲でいきたいなと思っていたので」

――周囲の反応。

「あんまり覚えてないです。あんまり歌ったことないというか、曲もあんまり知らなかったので。歌詞を見ながら一生懸命歌いました」

――歌唱力が絶賛された。

「何ともいえないです(笑い)」

――新人の仮装が形を変えた。

「雰囲気というかみんあ楽しんで、ワイワイ、移動中もそんな感じですし、日本とちょっとそういうところが違いますけど、楽しくいければいいんじゃないかと思います」

――歌の練習はどれくらい、部屋で歌ったりとか

「分からないです。どうでしょう…」

――プレーオフがなくなり、消化試合のモチベーション維持は?

「消化試合だという感じは個人的にはしていないですし。毎試合、毎試合、個人的な部分で勉強になるところが多いので。それを消化試合だと捉えて、出るかどうかというのはすごく違うんじゃないかなと思うので。次の成長につながる。きょうも良いところ、悪いところたくさんありましたし。明日に繋がってくれれば。チームとしてもきょう勝てたことは大きい。来年も試合があるので。そこにもつながることじゃないかなと思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月25日のニュース