天理の左腕・桂田5回7K0封 準々決勝で智弁学園と激突

[ 2018年9月25日 05:30 ]

秋季奈良県大会3回戦   天理10―0桜井(5回コールド) ( 2018年9月24日    佐藤薬品スタジアム )

5回無失点と力投した天理の先発左腕・桂田
Photo By スポニチ

 天理の最速134キロ左腕・桂田拓都投手(2年)が桜井を相手に5回を被安打1の7奪三振、無失点と好投。10―0の5回コールド勝ちを呼んだ。特に右打者へのスライダーが効果的で「決めるべき所にいい球がいきました」とうなずいた。

 今秋の県大会前に復活導入された「シード決定戦」では登美ケ丘、橿原学院、高田商を連破し、シード権を獲得。準々決勝・智弁学園戦に向け、中村良二監督は「こちらの流れで試合をしたい」と必勝を期した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月25日のニュース