ロッテ・大隣引退にソフトB同期入団3人がねぎらい

[ 2018年9月25日 19:02 ]

2006年新人入団会見でガッツポーズする王監督(中央)と新人8選手。(下段左から)福田、大隣、(中段左から)伊奈、王監督、高谷、(上段左から)川頭、李、森福、長谷川
Photo By スポニチ

 06年に大学生・社会人ドラフト希望枠でソフトバンクに入団し、昨季まで在籍したロッテ・大隣憲司投手(33)が引退を発表し、同期入団の3人がねぎらった。

 12年にバッテリーを組んだ高谷(大学生・社会人ドラフト3位)は連絡が来たことを明かし、「ちょっとさみしい」と言葉をかみしめた。難病を克服した左腕について、「暗くならずに周りに明るく振る舞っていたのが彼らしかった。大隣の分も、僕は1シーズンでも長くやれればと思う」と前を向いた。

 長谷川勇(大学生・社会人ドラフト5位)も「難病から戻ってきたインパクトが強い。頼もしい投手だった」としみじみ。

 福田(高校生ドラフト1位)は5月の対戦を振り返りながら、「感慨深かったし、となりさんを応援してる自分もいて、複雑だった。お疲れ様でした」と名残惜しそうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月25日のニュース