ヤンキース ジャッジが手首骨折後初の打撃練習「復帰へ着実に近づいている」

[ 2018年9月11日 11:03 ]

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(26)が10日、右手首を骨折してから初めての打撃練習を行った。

 ジャッジは7月26日のロイヤルズ戦で右手首に死球を受けて骨折。なかなか手首の痛みが消えず、バットをスイングできない状態が続いたが、ようやく打撃練習ができるまで回復した。

 ケージ内で力強いスイングを見せたジャッジは、右中間と左中間へ大きな当たりを放ち、中にはフェンスを越える打球もあった。ブーン監督は「彼の打撃練習を見るのは楽しいね」と笑顔。ジャッジ本人も「まだ手首に痛みはあるが、復帰へ着実に近づいている」と話し、その表情は明るい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース