広島 3年ぶり6連敗も悪いことばかりでは…27年ぶり地元Vが濃厚に

[ 2018年9月11日 22:26 ]

セ・リーグ   広島4―5DeNA ( 2018年9月11日    マツダ )

<広・D>幸か不幸か、カープ6連敗で本拠地での胴上げが濃厚となってきた(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島はDeNAに4―5で敗れ、3年ぶりとなる6連敗。球団史上初となる3連覇へ向けた優勝マジックは試合前の「9」から変わらなかったが、最短Vはさらに1日のびて17日となった。

 優勝決定を待ちわびる鯉党にとってはやきもきする展開が続いているが、悪いことばかりではない。広島は17日から19日まで試合が組まれていないが、最短Vはあくまで広島全勝が前提。6連敗中という現状で17日の優勝決定は現実的ではない。20日からは阪神、DeNA、ヤクルトと本拠マツダでの9連戦が控えており、その9連戦中に優勝が決定することが濃厚だ。

 一昨年は東京ドーム、昨年は甲子園と敵地でセ・リーグ優勝が決まった広島。地元での優勝決定となれば1991年以来27年ぶりだけに、球団初の3連覇はさらに盛り上がることになりそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2018年9月11日のニュース