DeNA・浜口 6回1失点の力投で3勝目 ラミレス監督「期待以上の投球」

[ 2018年9月11日 22:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4広島 ( 2018年9月11日    マツダ )

<広・D>6回1失点の好投で3勝目を挙げた浜口(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 DeNA・浜口遥大投手(23)が11日の広島戦(マツダ)に先発し、6回を4安打1失点の力投で3勝目(5敗)を挙げた。

 3回までは二塁を踏ませない完璧な立ち上がり。4回1死一塁から鈴木に左中間へ適時二塁打を浴びたが、5回は3者凡退に抑えた。

 6回は先頭野間が遊撃内野安打、続く菊池が三ゴロ失策と、ともに打ち取った当たりながら不運な形で出塁された。無死一、二塁のピンチを背負ったが、3番丸、4番鈴木、5番松山の強力クリーンアップをいずれも外野フライに仕留めた。

 「しっかり自分のテンポで、力むことなく投げることを心掛けました。自分のピッチングができたと思っています。チームの力になれてうれしいです」と浜口。

 ラミレス監督も「浜口が非常に頑張ってくれた。期待以上の投球をみせてくれた」と感謝していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース