ソフトB工藤監督 西武3戦目に“秘策”大竹投入へ「3連勝できれば」

[ 2018年9月11日 05:30 ]

キャッチボールで調整する大竹(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの工藤監督が15日からの西武3連戦に向け、ローテーションの再編を決断した。千賀、ミランダに続き、3戦目は新人左腕の大竹を投入し、左投手を苦手とする西武打線を封じる構え。4ゲーム差の2位からの逆転優勝に望みをつなげる。

 「どんなに悪くても勝ち越し。3連勝ができれば。そこに向けてローテを組んでいこうと思う」。大竹は8月1日のプロ初登板が同じメットライフドームで、8回2失点で勝った。「いいイメージはある」と自信を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース