巨人・田中俊 ライアン撃ちプロ1号 4回に先制ソロ「まさか入るとは」

[ 2018年9月11日 19:34 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2018年9月11日    東京D )

<巨・ヤ>4回2死、田中俊は小川から左中間席へソロアーチを放つ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人のルーキー田中俊太内野手(25)が、プロ初本塁打となる先制ソロを放った。

 4回2死、巨人戦6連勝中のヤクルト・小川から左中間席に運んだ。

 田中は17年ドラフト5位で巨人に入団。これが83試合目の出場でうれしいプロ1号となった。田中の兄は広島の田中広輔。

 田中は「カウントが3−1だったので、思い切って打ちにいきました。しっかりととらえられましたが、まさか(スタンドに)入るとは思いませんでした」と初々しいコメントをしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース