日本ハム・栗山監督 4日間試合なしも「やることをやる時間にしなければ」

[ 2018年9月11日 17:06 ]

千葉・鎌ヶ谷で全体練習を終え、集まったファンにサインする日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムは11日、遠征先の仙台から新幹線で東京に移動し、千葉・鎌ヶ谷の2軍施設で全体練習を実施。中田、近藤、ドラフト1位の清宮らがフリー打撃を行うなど汗を流した。

 6日未明に本拠地の北海道で最大震度7の地震が発生。ビジターだった8、9日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)は行ったが(10日は雨天中止)、札幌ドームで開催する予定だった11、12日のロッテ2連戦は地震発生から間もないことでファンの安全や来場する際の負担を考慮して早々に中止を決定していた。

 12日も同施設で練習を行い、現時点では開催する方向である14日のオリックス戦(札幌ドーム)に向けて準備を進める。練習を視察した栗山監督は「試合はないけど、やることをやる時間にしなければいけない」と表情を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース