ヤンキース 終盤の猛攻でツインズ下す 6回無失点のハップが16勝目

[ 2018年9月11日 14:51 ]

ア・リーグ   ヤンキース7―2ツインズ ( 2018年9月10日    ミネアポリス )

<ツインズ・ヤンキース>16勝目を挙げたハップ (AP)
Photo By AP

 ヤンキースは10日のツインズ戦に7―2で勝利。終盤に猛攻を見せ、同カード3連戦の初戦をものにした。

 ヤンキースは6回にサンチェスの16号ソロで先制すると、続く7回に5安打6得点と打線が爆発。アンドゥハルとスタントンの連続適時二塁打などで試合を決めた。投げては先発のハップが6回6安打無失点の好投で16勝目をマーク。

 これでア・リーグ東地区2位のヤンキースは90勝54敗。同地区首位のレッドソックスには8・0差とされているが、ワイルドカード争いでは2位のアスレチックスに3・0差をつけて首位に立っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース