大谷 2度目の週間MVP受賞 出場5試合で3戦連発 打率・474

[ 2018年9月11日 05:32 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 大リーグは10日(日本時間11日)、両リーグの週間MVP(3〜9日)を発表し、ア・リーグではエンゼルスの大谷翔平投手(24)が、4月の2〜8日以来2度目の受賞を果たした。大谷は出場5試合で3戦連発を含む打率・474(19打数9安打)、4本塁打、10打点、1二塁打、1三塁打、2盗塁と活躍した。

 週間MVPは日本選手で過去、他に野茂英雄、佐々木主浩、松井秀喜、イチロー、松坂大輔、岩隈久志が受賞。複数回の受賞はイチロー(5)、野茂(4)、松井(4)に次いで4人目となった。

 ナ・リーグは、大谷があこがれの選手に挙げているブライス・ハーパー外野手(25)が受賞。6試合で打率・438(16打数7安打)、2本塁打、7打点、12四球、2二塁打をマークした。

 ▼大谷翔平の話 取れたということに関してはすごくうれしいが、やっぱり(チームが)ポストシーズンを狙える位置で取れれば(一層)うれしいと思う。今年はすごく厳しい状態だが、その中でも何とか頑張っていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース