ソフトバンク3連勝!東浜、6回1失点で今季4勝目 今季初登板の安楽は6回5失点

[ 2018年9月11日 21:03 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―1楽天 ( 2018年9月11日    楽天生命パーク )

<楽・ソ24>ソフトバンク先発の東浜(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの投打がかみ合って3連勝。先発の東浜は、6回80球を投げて、4安打1失点の好投で自身3連勝で4勝目をマークした。

 ソフトバンクは、3回、今宮の11号2ランで先制。4回には、甲斐の左前適時打で加点。さらに1死一、三塁で今宮の左犠飛で加点した。6回には、2死三塁で牧原の左前適時打で追加点。9回には、柳田の33号ソロで1点追加した。

 先発の東浜が降板後は、スアレス、加冶屋、石川と無失点リレーで勝利に繋げた。

 楽天は、今季初先発の安楽が6回114球を投げて、9安打5失点と粘れず。打線も3回に相手の失策で1点を返すが、それ以降は好機は活かすことができなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月11日のニュース