スタンリッジが現役引退「日本での10年間は特別」 ソフトB、阪神、ロッテで75勝

[ 2018年8月2日 11:27 ]

昨季までロッテでプレーしたスタンリッジ
Photo By スポニチ

 阪神などで活躍したジェイソン・スタンリッジ投手(39)が現役引退したことを1日、明らかにした。「正式に引退した。もう一度プレーしたいかどうかはっきりしなかったが、父として家族と時間を過ごす準備ができたと思い、決断した。日本での10年間は自分と家族にとって、とても特別」と述べた。

 2001年にデビルレイズ(現レイズ)で米大リーグに昇格し、07年にソフトバンクに移籍。10年からは阪神で4年間プレーし、14年から2年間は再びソフトバンクで先発投手として活躍した。16年からロッテに移り、昨季限りで退団していた。日本では実働10年間で209試合に登板して75勝68敗、防御率3・31だった。(共同)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース