【ファーム情報】巨人 大竹らで完封リレー 和田2試合連続14号ソロ

[ 2018年8月2日 20:17 ]

 プロ野球のファームは2日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 イースタン首位の巨人は楽天戦(ジャイアンツ)に2―0で完封勝利。和田が4回、リーグトップの清宮(日本ハム)、村上(ヤクルト)に1本差に迫る2試合連続の14号ソロを放った。先発・大竹は6回1安打無失点で6勝目(3敗)。楽天はわずか2安打に終わり、先発・森は3回2安打1失点で2敗目(3勝)。

 ヤクルトは西武戦(西武第2)に5―3で逆転勝ち。先発・山中は5回1/3を9安打3失点、4番手・秋吉が1回1安打無失点で3勝目を挙げた。西武は高木渉が4号ソロ、愛斗が9号ソロ。先発・郭俊麟は5回1安打無失点の好投だった。

 日本ハムはDeNA戦(鎌ケ谷)に7―6で9回サヨナラ勝ち。代打・谷口が右中間にサヨナラ二塁打を放った。姫野が2号ソロ。2番手・藤岡が2回6安打3失点ながら1勝目(4敗)。DeNAは初回に関根が先頭打者本塁打となる2号ソロ。先発・飯塚は4回0/3を6安打5失点だった。

 ソフトバンクはオリックス戦(舞洲BS)に10―1で大勝。コラスが4号2ランなど3安打3打点、塚田も3安打1打点だった。先発・ミランダは6回4安打1失点で1勝目(1敗)。オリックスは佐野が1号ソロ。先発・本田は5回7安打4失点で1敗目を喫した。

 中日―阪神戦(ナゴヤ)は1―1で9回引き分け。中日先発・大野雄は6回6安打1失点。阪神先発・秋山は6回6安打1失点で、初回に大山が5号ソロを放った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース