巨人メルセデスが初完投勝利!無失点記録途切れるも力投2失点

[ 2018年8月2日 20:10 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2018年8月2日    横浜 )

<D・巨>巨人先発・メルセデス(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人が3―2でDeNAとの接戦をものにし、同一カード3連戦3連勝。先発メルセデスが来日初完投勝利を挙げ、デビューから3連勝となった。

 メルセデスは5回まで無安打と完璧なピッチングを見せたが、3点リードの6回、柴田にこの試合初となる安打を許すと、続く桑原に2ランを浴びた。

 7月10日のデビュー戦以降続いていた連続無失点イニングは「25」で途切れたが、9回を投げ3安打1四球と力投した。

 打線は初回にマギーの二塁打で先制。4回に長野の適時打、6回に亀井の11号ソロで加点。好投するメルセデスを援護した。

 DeNAの得点は桑原の7号2ランのみ。相手左腕を攻略できず、3連敗で5位に転落した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース