常葉大菊川は益田東と対戦 奈良主将「自分たちのやるべきことをやればいい」

[ 2018年8月2日 17:54 ]

<甲子園抽選会>対戦が決まり益田東・荻野主将と握手を交わす常葉菊川・奈良間主将(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(5日から甲子園球場)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市内で行われ、2年ぶり6度目出場の常葉大菊川は大会第3日(7日)第4試合(午後3時半開始予定)で、18年ぶり4度目出場の益田東(島根)と対戦することが決まった。

 くじを引き当てた主将の奈良間大己遊撃手(3年)は「相手は関係ない。自分たちのやるべきことをやればいい。3日という日程も第4試合という時間も意識することなく、初戦に向かって調整をしていきたいです」と気を引き締めた。2年前の第98回大会で秀岳館(熊本)相手に第4試合でナイターを経験しているエース漢人友也投手(3年)も「第4試合は(多少涼しくなって)ありがたい。それに一昨年に経験させてもらって良かった」と腕をぶしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース