巨人・吉川尚、ヘッドスライディングで左手骨折 村田ヘッド「凄く痛い」

[ 2018年8月2日 09:10 ]

セ・リーグ   巨人7―1DeNA ( 2018年8月1日    横浜 )

6回無死 吉川尚は一塁内野安打を放ちヘッドスライディング。左手を負傷し退場する(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 巨人・吉川尚輝内野手(23)が6回、一塁にヘッドスライディングした際に左手を負傷して途中交代。試合中に病院に向かい、「左手骨折」と診断された。一塁内野安打で連続試合安打を18に伸ばしたが、

 2日に出場選手登録を抹消される見込みとなった。左脇腹肉離れで戦列を離れている坂本勇に代わって遊撃のポジションを任されていただけに、村田ヘッド兼バッテリーコーチは「凄く痛い。次の手を考えないといけない」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース