広島、タナキクマル初そろい踏み弾「誠也が打ってくれるので」

[ 2018年8月2日 08:10 ]

セ・リーグ   広島13―7ヤクルト ( 2018年8月1日    神宮 )

広島―阪神のスタメン表(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島の「タナキクマル」も初のそろい踏みとなるアーチをかけた。2回に3番・丸が左越えに22号ソロ。「誠也が初回から打ってくれるので、みんな乗っていける」。早くも自己最多だった昨季の23本にあと1本に迫り、リーグトップのヤクルト・バレンティンとは3本差だ。

 3回にも田中が右越えに2戦連発となる8号ソロを放つと、菊池も左越えに2者連続の10号ソロ。田中は星の直球を狙い打ち「速い球に合わせてうまく打つことができた」としてやったりだ。3年連続の2桁本塁打を記録した菊池も「積極的にスイングしていこうと。結果いい形になった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース