ダル 投球練習で35球 離脱後初の痛みなし「一番うれしい」

[ 2018年8月2日 05:30 ]

取材に応じるカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 右肘の炎症などで離脱しているカブス・ダルビッシュが、遠征先で35球の投球練習を行い「DL(故障者リスト)に入ってからの2カ月で初めて痛みが出なかった。一番うれしい」と語った。

 移籍1年目の長期離脱を、元ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏から「(チーム内の)印象は悪い」などと批判された右腕。「それでも彼に対する尊敬は変わらない」とし、「怒らないのか」と聞かれると「子供が歯を磨かなかったりしたら怒りますよ」と冗談でかわしていた。(ピッツバーグ)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース