大谷 2試合連続のベンチスタート、ア・リーグの対戦では復帰後初

[ 2018年8月3日 00:01 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が2日(日本時間3日)の敵地レイズ戦で2試合連続でスタメンから外れ、ベンチスタートとなった。

 DH制のア・リーグでは、復帰後初となる2試合連続のベンチスタート。ソーシア監督は「次のカードがインディアンス、タイガースで右投手との対戦が多くなる」と話している。

 大谷は試合前に水原一平通訳を相手にキャッチボール。

 前日までは2日続けて遠投を行っていたが、この日はバッテリー間の距離のまま右肘再検査後では最多の109球を投げて、投球フォームを入念に確認していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース