ロッテの内 降格後初登板 打者3人を10球でピシャリ 7日から1軍復帰予定

[ 2018年8月2日 16:59 ]

2日の練習試合(対駒大)で2軍降格後、初実戦のマウンドに立ったロッテの守護神・内
Photo By スポニチ

 不調で2軍調整中のロッテ守護神・内竜也投手(32)が2日、2軍の練習試合(対駒大、ロッテ浦和)で降格後、初登板した。

 試合中の気温は38度を記録する猛暑の中、6―0の9回にマウンドに上がると打者3人を10球で料理。直球の最速は147キロだったが「投げられなくて(2軍に)落ちたわけじゃない。普段通り。抑えられればいい。それだけですね」と淡々と振り返った。

 あと1試合、調整登板の予定で順調ならば7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)から1軍復帰予定だ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース