羽黒 相手は奈良大付 秋保主将“夏初勝利”誓う「出ただけでは終わりたくないし、必ず勝ちたい」

[ 2018年8月2日 18:20 ]

第100回記念高校野球選手大会抽選会

<高校野球組み合わせ抽選>5日開幕の高校野球の組み合わせ抽選会風景 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 15年ぶり2回目の出場となった羽黒(山形)の相手は初出場の奈良大付に決まった。大会6日目の第3試合。小泉泰典監督は「開幕日とか2日目に当たってもいいように早めの調整をしてきましたけど、6日目になったので少しペースを落として、再び試合に向けて上げていきたい」とじっくり仕上げる作戦に切り替える。

 県予選の準々決勝から接戦続きだったが「我慢できるチームになった」と指揮官は話し、横にいた秋保優大主将に顔を向け「主将がすべて指示を出してくれる。1年春からマスクをかぶっていて、私の話すことがないくらいしっかりしている」と全幅の信頼を寄せた。

 「抽選会で改めてやっとここまできたかと思いました。先輩を含め感謝の気持ちでいっぱいです。出ただけでは終わりたくないし、必ず勝ちたい」と秋保主将は“夏初勝利”を誓う。小泉監督は中学から慶応で「母校も出てるし、頑張りたい」と意欲を見せていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース