楽天・茂木 9回2死から決勝打「いい結果に繋がってよかった」

[ 2018年8月2日 22:16 ]

パ・リーグ   楽天3―2オリックス ( 2018年8月2日    京セラD )

お立ち台の茂木は三塁側のファンに帽子を取りあいさつする(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 楽天が9回に逆転し3連勝。5位・オリックスに1・5差に迫った。1―2で迎えた9回、2死二塁から田中の三塁打で同点とし、続く茂木の中前打で勝ち越した。

 茂木はヒーローインタビューで、2死同点で迎えた場面に「田中が本当にしぶとく同点タイムリーを打ってくれたので、僕もなんとかその勢いに乗ってランナーを返そうという思いで打席に立ちました」と振り返り、「センターに取られるかなとは思ったんですけど、でもセンターの前に落ちてくれてよかったです」と快打を喜んだ。

 この3連戦で4打点の活躍と状態は上向き。「前半戦はすごくチームに迷惑をかけたので、なんとか取り返そうという思いで打席に立った結果がいい結果に繋がってよかったです」と充実した表情を見せ、次戦に向けて「僕たちは一戦一戦って上を目指すだけなので 最後まで諦めずに勝ちにこだわってこれからも頑張ります」と意気込みを語った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース