DeNA自力V消滅 ラミ監督主軸の不振嘆く「4人で2安打では…」

[ 2018年8月2日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―7巨人 ( 2018年8月1日    横浜 )

4回無死一、二塁、岡本(右)に左越え3ランを浴びた先発・浜口(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは連敗で借金が今季ワーストタイの7となり、自力優勝の可能性が消滅した。前夜、内海に零敗を喫した打線は投手の浜口の適時打による1点のみ。ラミレス監督は「特に1〜4番。4人で2安打では厳しい」と振り返った。

 4番・筒香もここ6試合で23打数2安打だが、指揮官は「打てない時もある」。広島とは12・5ゲーム差。「まだ優勝のチャンスはある。駄目でも2位、3位とシーズンは続いていく」と力を込めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年8月2日のニュース